日別: 2017年9月5日

売れるビデオカメラ


ではどのようなビデオカメラなら売れるのか、と言うと概ね発売されてから5年までのモデルが売れるようです。中にはそれ以上の期間が空いているビデオカメラは買取しないという店もあるので、もし新しいモデルに買い替えたいと考えているのでしたら、余裕を見て4年ほどで乗りかえるのが良いでしょう。また、どうしても売りたいという場合ネットオークション等に出品するという手もありますが、需要の幅が狭い為、買取店よりも高価であっても売れ残る事が多く売り切るまでに相応の期間がかかることは覚悟した方が良いでしょう。

逆にそこまで古いわけではないビデオカメラの方は買取が活発に行われています。物によっては中古の買取で1万後半や2万以上、3万円台の値がつくこともあるので、乗り換えの為の資金に十分なるでしょう。そうした高価買取を狙うのであれば、やはりポイントとなってくるのは製造年月が重要になってきます。製造から月日がたつとどんどん価値が下がってくるので早めに売却するのが良いでしょう。また、付属品についても全て保存しておかなくては、売却する際に価値が大きく下がるので注意が必要です。傷などがあると価値が下がるので、保管する際には極力傷つけないように大切に保管しておきましょう。